vio脱毛に掛かる時間と施術の流れ

ムダ毛脱毛の中で人気の高いvio脱毛は、可愛いらしい下着を楽しむ事ができたり、水着を着る時にムダ毛を気にする事もなくなり、下半身の衛生面にも良くいつも綺麗にいられる事ができます。
vio脱毛は掛かる時間もとても早く、自分で行うよりも短時間で施術ができて安全な方法で綺麗に仕上がる事がメリットです。
vio脱毛の流れは、初回は専門のエステシャンの方とカウンセリングを行います。
ムダ毛を処理する箇所をシェーバーなどで剃ってから、アンダーヘアの形を決めていき、そこから脱毛の専用の機械で照射していきます。
掛かる時間はムダ毛の照射範囲にも異なっていきますが、施術時間がとても早く肌に負担をかける事なく脱毛を行う事ができて、カウンセリングをしっかりと行う事で初めて脱毛を受ける方でも安心して行う事ができます。
vio脱毛を行う時には、施術の前に紙のパンツをはいてから脱毛していきますので、恥ずかしいなどといった事もなく、カウンセリングの時にはしっかりと脱毛を行う際の流れも説明していきますので、安心して脱毛を受ける事ができます。
下半身の脱毛は自分では見えない場所なのでとても難しいですが、vioの脱毛は専門の方にしてもらう事で満足の行く仕上がりになります。

vio脱毛、温泉でも恥ずかしくない脱毛デザインとは

デリケートゾーンのお手入れも、今や常識化しました。脱毛エステではこの部分のお手入れはvio脱毛、もしくはハイジニーナ脱毛と呼びます。意外ですが、vio脱毛はワキ脱毛に次ぐ人気を誇るんだそうです。
この部分の脱毛は、他の部位とちょっと違うところがあります。それは形です。性器の周りのiラインと、お尻の穴の周りのoラインは基本的につるつるの無毛にすればいいのですが、vラインに関しては少々事情が違います。
日本は温泉文化があるので、この部分を無毛にしてしまうのは恥ずかしいという方が多いのです。そのため、温泉に入るときに、恥ずかしくないデザインを希望する方が多いのです。それでは、恥ずかしくないデザインとはどんなものなのでしょうか。
一番人気が逆三角形のようです。自然な感じで全体的に毛量を減らすように施術がすすめられます。また、比較的中年の女性に人気が楕円型です。上品な感じがうけているようです。きわどい下着も着こなしたいという方には、一筋だけ残すIライン型も支持されています。
温泉で恥ずかしくないデザインとは逆三角形や楕円型でしょう。ただ、そんなの気にしないからということで無毛にする方も増えているようです。後で後悔しないように、vラインの形は、予め決めてから施術にのぞむのがいいでしょう。

vゾーンの脱毛方法:毛抜き・カミソリ

水着や下着からはみ出てしまうアンダーヘアほど残念なものはありません。
きれいに着こなすためにも、vゾーンの脱毛はかかせません。

vゾーンを自己処理するには、いくつか方法があります。
毛抜きを使うと、毛根から抜くことができるので、きれいな状態を長く保つことができます。
しかし、抜いた毛穴から雑菌が入って炎症を起こしてしまうこともあるので、
入浴後など清潔な状態で行います。

カミソリを使う場合は、いきなり剃るのではなく、ハサミで長さを短くしてから行います。
剃る前には乳液などでお肌を保護し、カミソリのすべりがよくなるようにします。
vゾーンは毛の生える方向が一定ではありません。
毛の流れにそって、ゆっくりと剃っていきます。
刃でお肌を傷つけないように注意しながら行います。
きれいになるからと言って、毛の流れに逆らった逆剃りをすると、
毛穴が広がる原因になるのでやめましょう。

処理が終わったら、肌に残った毛を流し、きちんと保湿します。
カミソリを使うと、ムダ毛と一緒にお肌の表面も剃ってしまうことがあります。
赤くなることもあるので、お肌を冷たく冷やしたタオルなどでクールダウンしてあげましょう。
プールに行く直前に剃ると、刺激になることがあるので、事前に済ませておくことが大切です。