ハイジニーナ脱毛は医療脱毛と光脱毛どちらがいいのでしょう。効果と料金の違いから検討する必要がありますが、料金面では光脱毛の方が圧倒的に安いです。しかし、肝心なのは効果なので、そう言う意味では、ハイジニーナ脱毛は医療脱毛の方がおすすめです。光とレーザーでは、かかる回数も違います。サロンの光脱毛は無資格者でも扱えるパワーの弱いものなので毛根を破壊する力は弱いです。通っている期間中、毛が細くなったり生えるのは遅くなりますが、終了後しばらくすると毛が元に戻ってしまう再生率が高いです。一方、医療脱毛はパワーが強く、毛根を破壊します。また、医師の監督下で看護士が行う医療行為なので安心感があります。一度脱毛が終わると毛穴から毛が生えてくることはほぼなく、新たに生えてくる毛は、前回施術まで毛を生やさず皮膚の下で眠っていた毛穴からのものになります。脱毛が終わった毛穴から、弱って細くなった毛が生えてきて、また照射を繰り返す光脱毛と比べると、医療レーザー脱毛の方がかなり効率的です。光脱毛の1/3~1/2の回数で済むので、医療脱毛でハイジニーナ脱毛すると、かなり早く終わることになります。デリケートな場所を、少ない回数で終わらせることができます。

ハイジニーナ脱毛の痛みが無い。ハイパースキン脱毛の仕組みと効果。

ハイパースキン脱毛は、ハイジニーナ脱毛の痛みが無いと言われていて、今注目されています。ハイパースキン脱毛の仕組みは、どのようになっているのかというと、発毛の周期の中の休止期と言われる期間に特殊な光を照射します。そうすることで発毛因子を減少させて発毛ができない状態にするのです。毛の種にだけ照射するので高い熱は必要としません。レーザー脱毛とパイパースキン脱毛の違いは、レーザー脱毛が今生えている毛または将来抜け落ちる毛に対して対処するのに対し、パイパースキン脱毛は、毛が落ちた後もしくは生えて来る前の状態に対してだけ施術するところです。休止期の毛穴に処理ができ、種を減少させて発毛や再生を予防できるメリットがあります。ハイパースキン脱毛の効果は高く、早い人なら3週間に一回の施術も可能になります。また熱くなく痛くないので、火傷による炎症などの後遺症に悩まされるケースもまずありません。ハイパースキン脱毛は、今生えている毛には何も行わないという独特の脱毛システムにより、毛穴から毛が抜けたあと、あるいは入る前である発毛期状態の毛穴だけに効果を発揮することができるのです。痛くなく、しかも安全でスピーディにできる施術なのです。ミュゼ脇脱毛